本当に住みやすい家とは|自分の予算に合わせてローコスト住宅を建てましょう
住宅

自分の予算に合わせてローコスト住宅を建てましょう

本当に住みやすい家とは

説明

快適な暮らしのために

北欧住宅は、木の質感を生かした、シンプルなデザインが特徴の住宅です。見た目の良さだけでなく、機能性も非常に優れていることが注目されています。北欧の冬の平均気温は-5℃前後ですが、寒い日ですと-30℃になることもあります。そのような気候で快適に暮らすために、北欧住宅は断熱性と気密性が非常に高いのが特徴です。外壁に極厚の断熱材を施工し、隙間にも断熱剤を充てんするなどして、断熱性と気密性を大幅に向上させます。窓も3重窓にするなど、高断熱・高気密への対策が徹底されています。それによって、冷暖房に使用するエネルギーも大幅に削減できます。北欧住宅は、50年は住めるように設計されているのも特徴です。定期的なメンテナンスが必要ですが、高齢になっても、安心して暖かい家に住むことができます。

耐久性

国内で北欧住宅に住む場合には、地震や台風などの自然災害に対する耐久性が気になります。北欧住宅は建築する工務店などにもよりますが、2x4工法や2x6工法といった枠組壁工法により建設されています。この工法は、過去にM7の阪神淡路大震災で、2x4住宅のほとんどが、軽微な被害だったこともあり、耐震性に優れていることが実証されています。また、火災なども気になりますが、2x4工法は、準耐火構造の認定もされています。さらに業者によっては、外壁材などに耐火性のある建築材を利用するなど、様々な防火対策がされています。当然ですが、建築基準法に従って建築されているため、耐震性や耐火性などの基準はクリアされており、保険の加入なども問題ありません。